不道徳な日々

MICOSHI COMPLEXの制作担当、伊藤彩奈と申します。
長らくブログの更新をせず、不道徳な日々を送っておりました。
楽しみにしていただいていた方には申し訳ございません。
公演も間近なり、私なりの今作に関することをつづってみようと思います。

今回の「不道徳」は公演として、今までとは少し違うところが多々あります。
まずみなさんによく聞かれるのですが、なんで第2.5回公演なんですか?ということ。
これは、MICOSHI COMPLEXの2016年の予定をみていただくと良いのですが、


micoshi2016.jpg

2016年5月に、第三回公演を予定してます。
これはだいぶ前から決まっていたことで、それまでにおこなう公演として
今回の「不道徳」、3月の「MICOSHI的なるものを巡って」があります。
なので今回は間の公演としての第2.5回公演なんですね。

あとは私事ですが、今回からエグゼクティブ制作としてやらせてもらってます。
エグゼクティブ制作というのは、制作が演出補佐を兼任することを、主宰がネーミングしました。
なので稽古場では、キャストからもエグゼクティブとか、ゼネラルとか呼ばれています。
ちょっと気恥ずかしい名前です。でも素敵です。

そんなかたちで、今までよりも近くで今作ができるのを見ているのですが、
作風が過去4作品とも違っていて、MICOSHI COMPLEXの新しい一面を
お見せできるのではないかな、と思っております。
今回は学校の授業である道徳を扱っているので、すこし難しそうな印象を受けるかもしれませんが、
そんなことはありません。みんなが学校で勉強したあの道徳です。

とても面白い出来に仕上がってますので、ぜひ観にいらしてみてください。
劇場でお待ちしております。








posted by MICOSHI COMPLEX at 08:09Comment(0)日記

<岡田寛司の稽古場レポート> 稽古場はぷんっと匂う

皆さん、精神面は良好ですか?

このブログを偶然にでも、必然にでも開いてしまった方――

大抵の人がヒネくれた生活を送っているのでしょう。

「不道徳」なんてタイトルですもの。

でも、好きですよ。ヒネくれた人。愛おしいです。

申し遅れました。ドラマトゥルクを務めさせて頂きます、岡田です。

先日、稽古場を見学させていただきました。

中々予定が合わず訪問する機会も少ないのですが、

どうにかこうにかテクテクと稽古場の扉の前へ。

部屋の中からは主宰早川の甲高い笑い声。

あぁ、着実に完成に向かいつつあるのだなと感慨深い思いに浸りましたね。


image.jpeg

扉を開けば和気あいあいと稽古に勤しむ演劇バカ達が出迎えてくれました。

今回もシュールでブラックで笑いの絶えない舞台が出来るのではないでしょうか。

いつも通りに着座して彼らの魂のこもった演技を拝見。

「バッカじゃないの!」とクスクス。バカばっかです。


image.jpeg


目で見て、肌で演技を感じて、耳で愉快なギャグを聴いて、

ヘルシア飲んで―――。

最終的に到達したのは、嗅覚。聞いた事はございませんか?

「匂いたつ画」というものを。この場所にはその匂いがありました。

洗浄されたおシャンティなものと相反するかのように、

これでもかこれでもかと主張する匂い。ぷんっと香り立つ演技バカたちの匂い

「ええ香りや…香ばしいのぉ」なんて思ってましたが、

もしかしたら誰かがただ屁をブッコいてただけかもしれませんね。

いや、どちらにしてもですよ、今回の舞台には「匂い(臭いかも)」があるのです。

これこそ“ナマモノ”の醍醐味。劇場に観にきて下さいとは言いません。

役者達が醸し出すスメル、すんすんと嗅ぎに来ていただきたい。


image.jpeg


最後に最近遭遇した愉快なトピックスをキャッチオンリーでひとつ。

「恐怖!深夜に独り佇むピンク色の徘徊老女――青年は老女に魔界へと

引きずり込まれ、警察沙汰にも成り得る決断を迫られる…!

生還か、留置所か、運命やいかに!

真相は劇場でしか語りません。だから、来てほしいな


「顔合わせ」をしました。MICOSHI的顔合わせ、その内容。

稽古が始まりました。
稽古初日は「顔合わせ」といってキャスト、スタッフ一同が集まって台本を読んだり、台本を読んだり、台本を読んだりするものです。
が、うちの稽古場では台本も勿論読みますが、初めましての方と打ち解けるために簡単な自己紹介が終わったらボードゲームをします。
なんといっても将来的にボードゲームをつくる劇団ですからね、ボードゲームには並々ならぬ力を入れております。最近は色んな劇団さんで「人狼」を稽古に取り入れていると聞きますが、うちでは、もっとたくさんの遊びをしています。勿論ただ仲良くなるために遊ぶのではなく、色んな狙いがあるからやっているのでいつも真剣に取り組んでいます。
今回遊んだのは「はげたかのえじき」「ニムト」「キャッシュアンドガンズ」です。写真はニムトに真剣に取り組む役者陣。

IMG_2331.JPG

そして、役者さんにシアターゲームの紹介をしていただきます。シアターゲームとは役者さんの遊んで学ぶ訓練みたいなものです。勿論これも取り入れている劇団さんは多くいます。うちでは、役者さんに今までやったシアターゲームで良かったと思うものを前に立って説明し、リーダーとなってやってもらっています。今回は初参加していただいている飯野愛希子さんにやってもらいました。みんなの足の動きが大変です。

IMG_2332.JPG

みんなで組んず解れつしたあとは懇親会です。

IMG_2330.JPG

写真から伝わるかは分かりませんが意外に真面目な話をしております。あ、スタッフの方です。それにしても写真の佐川君は往年の東映スターのようです。

では皆様、12月までどうかブログ共々よろしくしていただければと思います。